2017年11月07日

【ボディボードが楽しくなる】コツ6つの話 by平林

【ボディボードが楽しくなる】コツ6つの話
みんな仕事してたり家事してたり学校行ったり
毎日海に入れるボディボード出来る人っていないですよね?

毎日入っている人っていったい何してんの???
って正直思う。

僕だって月に4回ぐらいですよボディボードする。
大学生の頃は時間あったから結構入ったけど。
大学卒業して社会人になってからは、ずっとそんな感じ。

僕がそこそこボディボード上達したのは普段の生活から
ボディボードの事を考える。
(ってかいつでもボディボードに繋げる)

通勤電車の中で吊革につかまりながら
肘を内側にした状態で掴むとか

車の運転をしながらハンドルを
16:40分の位置を持つとか
会社の廊下のやたら壁側を歩いて
波と見立ててイメージするとか

そうやって普段からボディボードを楽しみ
上達していていくことは可能なのか?
答えはもちろん

である。

そして、それでもってこれをやると
今まで見たことのないスピードで
ボディボードの上達が魔法の様にデキるというものである。

さあ、やってみよう。

1、ボディボードは1人でやらない。チームでやる。

もはや一人でできるなんて
そういうおこがましくて忙しい
人には楽しさよりも苦しさがつきまとう。

 

2、自分の得意なタイミングとボディボード仲間でやる。

やる氣が出る時間帯と
やる氣が出る仲間と付き合う。

 

3、ライバルと戦わない。オンリーワンになる。

自分しかできないことをやると
そもそも誰かとの競争や
比べてやる必要はない。

 

4、型をもち、そしておもいっきり破壊する。

基本に忠実にやり、上手な人の真似をして
楽ちんになったところを
思いっきり自分の型にしていく。

いきなり自己流は絶対に上達しない。

 

5、苦しいのから逃げない。乗越え癖をつける。

逃げてるとまた次のチャンス次のチャンスと
逃げグセがついて
チャンスを逃しやすくなる。
今日できることを今日やるという
乗越えぐせを付けておくと
自然に楽しくなっていく。

 

6、ボディボードが上達した!と毎日10回以上言う。

出来ないと苦しい、ダルい、全然ダメ
というよりも
この上達した発言を
毎日10回繰り返しておくと
本当に脳みそが楽しくなってくるから
本当に面白い。

上達したからったやってみな!
知らんけど。 by平林