スタッフブログ

2015年東台湾サーフトリップツアー開催ボディボード専門店サンタートル

2015年2月7日(土)~11日(祝) 東台湾ボディボードツアー
一緒に行きませんか???
波・気候・食・人・文化・・・サンタートルが思うボディボードツアーに最適だと実感した東台湾
(ハワイの様なリゾート感はありません)

IMG_1596.JPG

レールを入れて横に走れるレベルなら絶対に楽しめる素敵な波が待っています。
メインのリバーマウスを軽快にライディングするAIちゃん

1899228_561488910614536_800549182_n.jpg

サイズが大きければ港ポイントに移動すれば1サイズ2サイズ・・・サイズダウンしド三角な波が待っています。
ここは初心者でも安心して入れるポイント。綺麗なポイントグレイクなのでアウトに行くのも楽ちんです。

IMG_0239.JPG

IMG_0387.JPG

ド三角波だからグーフィーにレギュラーに楽しむSAKIちゃん

1920653_560999253996835_503042094_o.jpg

サンタートルスタッフと一緒に行きませんか?のどかな田園風景が広がる東台湾
東台湾ってどんな所?2014年2月に行った記事→http://www.3kame.com/blog/post_463/

2015年2月7日(土)~2月11日(祝) 4泊5日 東台湾ボディボードツアー

◆旅程
出国
1.2/7 CI223 羽田07:20発/台北松山10:15着
2.2/7 B7855 台北松山13:20発/台東14:20着
帰国
3.2/11 B7854 台東11:30発/台北松山12:30着
4.2/11 CI222 台北松山18:15発/羽田21:55着

◆料金  旅行代金:108,830円 
/ 羽田空港使用料:2,670円/人 現地空港税:1,100円/人 航空保険:600円/人 燃油チャージ:11,000円/人

合計ツアー代金124,200円

○含まれるもの
・チャイナエアライン利用 羽田/台北松山往復(エコノミー/FIX)
・UniAir利用 台北松山/台東往復(エコノミー/FIX)
・台東空港/ゲストハウス往復送迎
・台東ゲストハウス 4泊 ドミトリー利用
・サーフガイドのサービス 5日間

○含まれないもの
・任意の海外旅行障害保険
・お客様固有の経費

1966460_564202757009818_1560210029_o.jpg

ツアー参加申し込み
school@3kame.com

こちらへ・氏名・携帯番号・パスポート表記名(アルファベット)を明記してメール下さい。

※飛行機の空席が少なくなると航空券が高くなりツアー代金が上がります。
表記している金額は現在の金額なので予定がわかり次第お早めに申し込みお願い致します。
今回のツアーに関するお問い合わせは田辺・平林までお気軽にお問い合わせ下さい。

今回利用するツアー会社
ワールドサファリジャパンhttp://www.worldsurfaris.jp/

また毎年3月に行っている新島合宿は2015年3月に3連休が無い為行いません。

kamiya.jpg

チューブに思わず笑顔のakky!

<旅行条件>>>—————————————– ・本旅行は受注型企画旅行として承ります。
【受注型企画旅行約款】 http://www.worldsurfaris.jp/yakkan-juchu.php <取消手数料>>>————————————— 本旅行の取消料は、上記約款に優先して下記が適用されます。 旅行開始日がピーク時の旅行であって、旅行開始の前日から起算して 40日目~31日目:旅行代金の10%。但し、5万円を上限とする。 旅行開始日の前日から起算して30日目~3日目:旅行代金の50% 旅行開始日の前日から起算して前々日、前日:旅行代金の75% 旅行開始日の前日から起算して当日:旅行代金の100% 旅行開始後、又は無連絡不参加:旅行代金の100% ※ピーク時とは、12月20日~1月7日まで、4月27日~5月6日まで、  及び7月20日~8月31日までを言います。 ※航空券の発券後の変更及びキャンセルは、上記のキャンセル料  に追加して10,000円の発券後取消手数料が加算されます。 ※台湾国内線航空券のお申込後の変更及びキャンセルは、上記の キャンセル料に追加して4,200円の発券後取消手数料が加算されます。 <台湾入国に際して>>>————————————- ・パスポートの有効期限が、入国時から3ヶ月以上あること。 ・日本国籍の者は、90日以内の観光目的の滞在で出国のための航空券を 持っていればビザは不要。 <チャイナエアラインのサーフボードの取扱について>>>—————– ・エコノミークラスの場合、預け荷物の重量制限20kg以内であればサーフボード無料。 <台湾国内線のサーフボードの取扱について>>>————– ・従量制となりますので、サーフボードを含めた全ての預け荷物の 重量が15㎏以内であれば無料。 なお多くの国内線は積載できるボードケースの長さが195cmまでとなります。 195cmより長いボードケースを持参される方は事前にお知らせください。 積載可能なフライトを案内させて頂きます。

15㎏を超えた場合は、エクセスチャージの対象となります。 詳細は航空会社にお問合せください。 (現状では、10㎏で1,000円程度です。)