スタッフブログ

真夏の太陽は罪な奴

真夏の太陽ですよ!完全に!暑い!砂浜が熱い!
なかなか気象庁が梅雨明け宣言しないことが不思議でしょうがない平林です。

だいぶ前から梅雨前線が切れているし、前線もかなり高気圧に押し上げられているし
これって典型的な梅雨明けじゃないの???

宣言しようがしまいが太陽は完全に夏ですので熱中症にじゅうぶん気をつけて下さいね。
今日は予想外に熱帯低気圧からのウネリが到達して1日じゅうぶん楽しめましたね!

ボディボードのケア

今日は真夏の太陽に気をつけて!のお話です。
せっかくボードを買ったのに、休憩やちょっとした時にボードの表面を太陽光に当ててませんか?
それに気が付く人はボディボードに愛情がありますね!

ボディボードは凄く熱に弱いです。特に表面が熱に弱い!
通常の正しいボディボードは表面と裏面では素材が違いますよね?!

ボードの裏面が硬くて、表面が柔らかい、それぞれ違う素材で作られています。

実は通常にしてて、ボードは硬い裏面方向に少し引っ張られています。
実際引っ張られることを計算して作っています。
職人シェイパーさんに言わせると色が違うと素材が同じでも多少硬さが違うので
計算も少し変えるほど繊細なんだとか・・・

それは何のためにしているかというと、ビシっと真っすぐなボードを提供する為に

 

 

波の斜面(フェイス)を真っ直ぐなボードのレールで切り裂いてスピードを出していきます。

それが表面を太陽に熱に当てたボディボードは、どうなるのか?っていうと
表面が熱によって熱くなり素材は柔らかくなり伸びます。

先に書いた通り、もともと裏面の硬い素材に引っ張られているので、柔らかくなった表面はどんどん裏面に強く引っ張られ
写真のように逆反り(リバースロッカー)になります。

逆反りしたら、ボディボードは真っすぐに戻りません!
たとえ買ったばかりのボードでも、この一度の間違えでボードは直ぐに逆反りします。

この写真ぐらい逆反りしたら、どんな現象が起こるのか。
体表的な例を書いておきます。

・テイクオフが遅い

・テイクオフでノーズが刺さる

・ノーズが刺さり前転する

・スピードが出なくストレスを感じる

・失速する

・ボトムターンが出ない

などがあります。

 

なんでそんな事になるのか?

「キャベツの千切り 包丁」の画像検索結果

キャベツの千切りを例に例えると

包丁を正しいフォームで、手の運びも完璧にサクサクと切っているのに上手くいかない・・・

そう、包丁が曲がっていたらどうですか???

上手く切れる訳が無いですよね???

あなたは湾曲した包丁で綺麗に切れますか?

 

そうボディボードも曲がっていたら、当たり前ですけど上手く滑れる訳がありません。

どんな上手いプロでも曲がったボードに乗ってたら全く滑れません。

そんな曲がったボードに乗ってたら初心者だったら、なおさら上手く滑れるはずが無いのです。

あなたのボード曲がってませんか?

逆反りしてませんか?

今すぐチェックしてください。

そしてこれから、日陰に置くか、日陰が無い場合は必ずボードを裏面にして下さい。

ボディボードはとってもデリケートです。

真夏の太陽熱は、たかだか

10分でボディボードを殺します!

真夏の太陽は罪な奴

気をつけて下さい。

また紫外線はボードの表面の色も落とします。
POPの跡がくっきり、これはヤバいですね。
これ店内に置いておいてこれですよ。模様ではありません。

もう売り物にはなりません涙

ボード反ってしまってる人たちへ・・・

快適にボディボード楽しみたいなら、少しでも上達したなら

今すぐボディボードを買い替えて下さい。

いつまでも曲がった包丁でキャベツの千切りにトライしますか?

時間の無駄です