スタッフブログ

初心者必見!海に入る前の『し○し』BYクルミ

波乗りは『印』を付ける事が大事!?

まず、海には流れや離岸流がありますよね?

 

◆沖からのウネリの向きによる流れ

◆地形による流れ

◆テトラポット、堤防、岩など物による流れ

◆風によっておこる流れ

これらによって、サイドや上下に流されますよね。

風の影響でポジションをキープするのも大変~

 

気を付けるためにはまず!!【海に入る前に「目印」を付ける事】

海に入る前ってストレッチや陸トレ、あとは皆やっているでしょう海の観察!

その時に波が来ている場所などを見て、自分が入るポジショニングを決めると思います。

ポジショニングを決めたら、ココで目印を決めます★

※目印は自分のサンダルでも、木の枝を立てても、あとは建物でもなんでもOK!

 

そうすれば、沖に出た時ポジショニングの迷子にならない!

または、流されているかなどサイドの流れが分かると思います!!

 

次に沖に出たら、岸側か沖側かの上下の流れの目印を決めます★

はい!「右を見て左を見て~」誰よりも沖に出ていませんか?岸にいすぎませんか?

波とのタイミングを合わすためには上下のポジショニングは大切!

離岸流に乗っていないかも分かります!

 

良いポジションを保つためには、

流されず安全に海に入る為には、

『目印』を付けてみましょう♪