ボディボードのルール&マナー

ルール&マナー茅ヶ崎サザンビーチ海水浴場でボディボードをする時の心得

kabocyaset.jpg

海水浴場規制は7月4日~8月31日のam8:30~17:00

茅ヶ崎サザンビーチ海水浴場は日頃ボディボードスクールやビーチクリーン活動でサンタートルのホームポイントとして
楽しませて頂いてます。
皆さんへ利用についてマナーを書いておきます。今一度確認をして下さい。
ボディボードのやり方が分からない方、ルールやマナーを知らない方、初心者の方はスタッフまでお気軽に聞いてくださいね。
また海でもこちらから何かありましたら声を掛けたりしますね!

 

sazannbi-chi.jpg

あくまでも海水浴場ですので海水浴客が最優先!

浮き輪で浮いてる小さなお子さんも居ますので、特に混雑している部分でボディボードをやるのは事故、怪我の原因になります。
他のポイントへ移動しましょう。

chigasakils.jpg

 

②海水浴場でのルールはライフセーバーの意見を尊重する事!

茅ヶ崎サーフライフセービングクラブの皆さんが海水浴期間の危険を未然に防ぐ様に頑張っております。
どんなに良い波があっても雷警報が出たり、強い流れが発生すると遊泳禁止の赤旗になります。
赤旗の時はボディボードも禁止なりますので速やかに海から上がって下さい。
ライフセーバーの皆さんの指示に従って下さい。

redflag.jpg

 

③海水浴エリアはコの字型に入っているブイとコースロープに注意!

ロープやブイに貝が付着していて身体に当たると皮膚が簡単に切れますので注意ください。
大きな波やウネリで予想外にロープが動いてきますので近づかない事。
※スクール中に負傷した平林(写真)含め多くの方が怪我をした経験があります気を付けましょう。


ro-pukizu.jpg

④譲り合いありがとうの精神で!

特に台風等のウネリが入ると右奥のレギュラーがマシンブレイクします。ポイントブレイクします。譲り合う大きな気持ちで楽しみましょう。
またサンタートルをご利用している皆さんが多いですが、地元の方や、ビジターの方など多くのボディボーダーがいらっしゃいますので
笑顔であいさつし皆さんで良い波をシェアしてください。
またライディングエリアでは邪魔にならない様にゲットしたり波待ちしてくださいね。
下の写真の波では注意と書いて有る所がライディングの邪魔になるゾーンなので気を付けましょう。

sazannbi-chicyuui.jpg
 

◆ピーク最優先◆
波乗りにおいて波の【ピーク】という部分があり、ピーク最も近い者が波に乗る事が出来る優先権があるというルールがあります。また基本ルールとして1本の波に対して乗って良いサーファーは1人です。
◆前乗りはルール違反◆
既にライディングをしている波と同じ方向へテイクオフしてしまう事を前乗り(ドロップイン)と呼びます。これはルール違反だけでなく、大怪我に繋がる大変危険な行為です。もし気がつかなく前乗りをしてしまった時はすぐに相手に謝るのがマナーです。
◆ライディングエリアでは要注意◆
沖に向かっている最中にライディングしてきている人と接近してしまう事がよくあります。出来るだけ邪魔にならないルートを考えて速やかに沖に向かいましょう。波に乗ってくるライディングしている人に優先権があります沖に向かう人は注意しながら向わなければなりません。

 

⑤規制時間外はサーファーの皆さんへ配慮しましょう!

もう50年以上前からこのレギュラー波を楽しみにしている大先輩方が大勢いらっしゃいます。
8:30~17:00までは海水浴規制として2か月間サーフィンが出来ません。
多くのサーファーが2か月間ここのポイントでサーフィンが出来ない状況を我慢しております。
早朝~8:30までと17:00~はサーファーの方が時間制限の中で波乗りをされます、サーファーの心情を考えて
ボディボードをして下さい。海水浴規制時間中にたくさん波に乗った方は17:00になったら海から上がり
サーファーの皆様へ波を譲る気持ちを持ちましょう。

それでは以上の事をしっかり覚えて夏のボディボードを楽しんで下さい。
サンタートル平林

ボディボードルール&マナー【競り合い】

 【競り合い】

IMG_0027.jpg

①波が来て、Aはテイクオフする為にBよりも先にバタ足を開始しています。この時に波のピークはどこに有るでしょうか?  →  緑の部分がピークになります。

②Aは波のショルダーに居るのでピーク側に寄せに行っています。そしてBの存在を確認して居ます。バタ足を先に開始したAと波のピーク側に居るBとではどちらに優先権が有るのでしょうか?

③AもBもほぼ同時にボディボードを落とす体勢に入りました。

④Aが波の乗る事を断念しました。 →  優先権はピーク側に居るBに有ります!

理想では② でAがBの存在を確認した時に乗るのを止める様にしましょう。競られると優先権のあるBさんの邪魔になります。競らないのがマナーです。

ボディボードのルール&マナー【前乗り】

ボディボードはマリンスポーツです。スポーツですからルールやマナーがありますので基本的な事項を掲載しておきます。サーフィン、ボディボード全般に適用するルールですので注意して楽しんで下さい!

サーフィンやボディボードは1本の波に各進行方向へ各1人しか乗っては行けません。

【前乗り】

IMG_0028.jpg

【前乗り】

スープの部分を見てもわかるとおり、この波はレギュラーで、 ピーク側に居るAさんに優先権があります。
従って、 Bさんは波に乗る事が出来ないのがボディボード含め、 波乗り全般のルールです。
この時Bさんは全くAさんに気付いて居ません。

Aさんのライディングに邪魔になると同時に、衝突して怪我になる事がある絶対にやっては行けない
大変危険な行為です。Bさんは波がきた時にピーク側に誰も居ないか目視し、
確認をとってからバタ足をしなければなりません。

もしBさんの様に邪魔をしてしまった場合は必ずAさんに謝りましょう。それはボディボードのマナーです。