QCDボディボード TQD

QCDボディボード噂のBPP+2REDコア限定品が登場!

2redcoreltd.jpg

QCDボディボードから

噂のBPP+2REDストリンガー搭載 限定モデルがついに発売!

BPP2red1.jpgBPPベースコア材にフレックスする全長70㎝のREDストリンガーが2本搭載された最新マテリアルボードがQCDから限定販売。
Redストリンガーとは…? パイプのストリンガーよりも弱い力で反発性を受けやすく振動するバネ力があり、 フレックス(しなり)するREDストリンガーによりターンの反発力を高め、加速する様なドライブターンが可能となる特徴がある。

2016redst1.jpg

女性だとこのような持ち方をしてREDストリンガーを曲げてみると結構な力が必要。

Redkurumi_small.jpg

しかし壁にREDストリンガーを付けてボトムターンの様な姿勢で曲げてみると、先ほどよりも曲げやすい!
この姿勢が、よりリアルにライディング時の姿勢と近いので、ボードの中ではREDストリンガーがボトムターン時にフレックスする(しなる)状況が想像できるだろう。

なぜREDストリンガーが2本搭載なのか?

フレックスしてターンの伸びを感じる事が出来るだろう、しかしこれから夏へ気温、水温の上昇でボード自体のコアが柔らかく感じてくる季節を迎えるに1本よりも2本入れる事により、より伸びのあるターンを実現出来るだろう!特に関東から西、南エリアでは2本が効果絶大!

リップアクションで感じて欲しい振動力

フレックスするREDストリンガーは何かの衝撃をキャッチすると振動する力が働き、伸びのあるターンを実現!
波のトップへ向かいボードのボトム面と波のリップが衝突した時の振動力は、バネが解き放たれた爆発的な飛び出しをする。

例えばエルロロをしてスープにつかまりモゴモゴしてしまう事が無いですか?
そんな時に振動力によって飛び出されたエルロロはスムーズにスープセクションを超えてくれるだろう!

10556894_10154503214215576_8505175314453891981_o.jpgのサムネール画像

QCDの限定品
オーストラリアの人気実力派シェイパー、トッド・グレゴリーのブランドでオーストラリア全土で人気ブランド。
BPPコアにREDストリンガーを2本入れた日本初のマテリアルがQCDブランドで限定品として販売された事がコアなボディボーダーにはたまらない。

アウトライン
やや広めのノーズエリアは、肘や脇が閉じる効果もあり、スムーズなライディングが可能となる。 また、スピン時により身体を乗り込んだ時の安定感を出す効果があり、さらにラウンドバットテールにより、テール側に浮力があるので波に置いてかれないようなクイックなスピンが可能。  まさにこれがトッド・グレゴリーがテーマにしている。
the perfect set up

このQCD BPP+2REDモデルの 通販はこちらから

 

QCD Limited Edition 2RED 本体価格42,000円 
展開サイズ90cm 92cm 94cm 96cm 98cm 100cm 102cm 104cm
対応身長 150cm前後~177cm前後

コア 1.9LB BPP+2RED

デッキフルコンツアード 
ノーズグリップ
ボトムチャンネル
ラウンドBATテール
ボトム サーリン
デッキ NXL 、IXL

展開カラー、サイズをチェックするにはこちらから
http://3kame.net/?mode=cate&cbid=1152455&csid=11



2016qcdVLP_small.jpg2016qcdBSB_small.jpg
 

 

QCD 10th Anniversary from Limited Edition on Vimeo.

http://3kame.net/?mode=cate&cbid=1152455&csid=11

QCDカスタムオーダーボディボードTODD QUIGLEY

 

DSC_1370.JPG

DSC_1371.JPG

2013年6月14日にオーストラリアから初来日するQCDボディボードのシェイパートッド・グレゴリー 通称TQD
サンタートル店舗にもプロモーション営業しに来ます!6月15日(土)

3月に来日したJGことジャロッド・ギブソンとは共に師匠ニック・メズリッツから学んだ同志!

DSC_1372.JPG

QCDボディボード、フルーツボディボードのカスタムオーダーフェアーを6月30日まで開催します!

 

45334_10151766051520576_382132649_n.jpgのサムネール画像

 

オーストラリアを代表するシェイパー トッド・グレゴリー
自身のブランドQCDボディボードの他に、VSのメインシェイパーを務める人気シェイパー。
トッドが削るボードは基本的にQCDボディボードはカスタムオーダーのみの生産で、

一部店置きのストックボードがオリジナルで発売されている様ですが全てインドネシア生産(MEZ工場)のスタンプ入りボードで。

167455_10150376467575576_396960_n.jpg

トッドグレゴリーがオーストラリアで削るカスタムオーダーボディボードのご相談は店頭はもちろん・・・
お電話でもご対応させて頂きます。担当 平林 0467−58−5827