スタッフブログ

雨でも曇りでも日焼けするって知ってましたか?

梅雨だけど紫外線が強い季節になりました。もう3回も脱皮しちゃった平林です。
ボディボードするなら知っておきたい『日焼け・日焼け止めの知識』について

これからボディボードする方や海水浴、海のレジャープールのレジャーが増える夏を迎えますね。
日焼けのケアはしっかり対処しておきたいですね。海やプールでは当然ながら日焼け止めも落ちやすく、水面の照り返しもあるため、紫外線をもろに浴びてしまいます。

夏前に知っておきたい『日焼け、日焼け止め、日焼け後のケア』についての簡単な知識についてご紹介します!

1.日焼けしやすい時期・時間・天候

日本では紫外線量がとても多い時期は5月〜9月頃、時間は9時〜15時頃までが強いと言われています。
雨は晴の日より30%ほどの紫外線量となるデータがありますので、梅雨の雨の日にボディボードすると日焼けしにくいという事です。
曇りは晴の日より60~80%ほどの紫外線量があるため、太陽が出てないから焼けないって事はありません。むしろ曇りの方が日焼け止めを塗り忘れたり油断して焼けてしまうケースが多いようです。

2.『日焼け止め』の「SPF」「PA+」とは?

日焼け止めに書かれているSPFとPA+って知ってますか?

・SPF(Sun Protection Factor)とは

SPF は、シミ・ソバカスの原因となる紫外線B 波( UV-B )をカットする力を示しています。
紫外線を受けてから日焼けするまでの時間は約20分ほど。
SPF20なら20倍遅らせることができるという意味なのです。
例えばSPF20の場合、20分×20=400分=6時間40分。
6時間40分までは日焼けが抑制される持続可能時間ということです。

SPF50なら20分×50=1000分 16時間40分。 16時間40分も持続する計算になります。 
そんなに海にいたら皮膚がふやけてしまいますね(笑)

お店にいると確実にSPF50の日焼け止めとSPF20日焼け止めだったらSPF50の方が多く売れます。
たぶん数字が多い方が日焼けしないと思い込んでるんだと思います。数字が多い方が気持ち的に安心なんでしょうね(笑)

2~3時間の波乗りならSPF20あればじゅうぶんですね!

・PA+(Protection Grade of UVA)とは

PA+は、シワ・たるみ・日焼けの原因となる紫外線 A 波( UV-A )の防止効果を示しています。
強い方から++++、+++、++、+の4段階となります。

この防止効果が高い方が良いです。+++以上は欲しい所でしょう!

ただし値が高ければ高いほど紫外線をシャットダウンしますが、肌への負担も重くなるため使い分けましょう!
女性ならUV防止効果のあるファンデーションを使えば更に安心ですね。

3.海水浴・ボディボード・プール用の『日焼け止め』の選び方

海やプールでは大量につけるより、適切な量を重ね付けする方が効果を発揮します。SPF40~50でPA+が+++以上のウォータープルーフタイプの日焼け止めがオススメです。

サンタートルで一番人気は定番のスティックタイプは、目に染みず、長く激しいサーフセッションでも耐久可能なサーファーのための日焼け止め。

透明の ピースウエーブ SPF50 PA+ +++ ウオータープルーフ効果有

顔のTゾーンをメインに塗ります。

 

そしてこちらはディーパックス ローション 3,900円 こちらは顔全体に塗ることをお勧めします。
重ね塗りによって効果が高まり、ディーパックスはオーガニック素材なので皮膚にも優しい日焼け止めです。

4.海水浴・ボディボード時の『日焼け止め』の塗り方・コツ

ドルフィンスールした後に顔を手でぬぐう動作が日焼け止めが落ち易くなります。
とにかく焼きたくない人向けに以下、日焼け止めの塗り方・コツをご紹介。

1. 日焼け止めを落ちにくく、毛穴まで入らないようにハンドクリームなどを薄く顔全体に塗る。
2. 日焼け止めを均一に塗る。
3. 焼け易い、鼻、頬、オデコなどに重ね塗りをする。
4. 更に撥水効果を高めるために、パウダーファンデーションを塗る。
5. こまめに塗り直す。

こまめに塗り直すのが一番効果的です。

更にサーフハット・サーフキャップなどをかぶると良いですね。
とくに頭の毛が薄くなっている方には特にお勧めです。頭皮に日焼け止め塗りたくありませんよね?
ただここまでやれば完璧とわいえ、100%紫外線を防ぐことはできないませんのでご注意を!

サンタートル湘南

5.日焼け後のケア

日焼けした後の肌には保湿して乾燥を避けることが重要。ボディボードした後、顔や体の塩を落としてから、化粧水をたっぷり振りかける。あまりにも熱を持っているときには、氷で冷やしたり、アロエを塗るなどしてケア。そしてワセリンはオススメです。保湿力が高いので、角質層の損傷が再生されやすく、薬効もないので無害です。夜お風呂に入った後はパック→ワセリンで保湿して就寝を。

 

6.目のケアも忘れずに

もちろん肌だけでなく目も焼けます。海に行って、紫外線で目が焼けますので海用のサングラスや海に入る前、入った後ににUVケアの目薬も効果的です。私がよくスクール中に使っているのが海用のサングラス。

7.手の甲も守れ

忘れがちの手の甲。ボディボードを持っていると海の上ではずっと水面から出ていて、焼け易い所NO1。
日焼け防止グローブを使うとエコだし経済的。

さぁ夏はすぐそこ!ますますボディボード楽しんで行きましょう!
日焼け防止コーナーはこちらで取り扱っています。下記のURLをクリック下さい
http://3kame.net/?mode=grp&gid=354023

サンタートル平林政夫