スタッフブログ

バルカンフィンV1を試し履きしてみてレポート byサンタートル平林

バルカンフィンV1を使用してみて

新しく新発売されたバルカンフィンを使ってみました。
今回使用した、バルカンフィンは、モデルV1は、サイズはM Lです。

バルカンフィンを使用する人の足の特徴

平林の足は、26. 5cm
かなりの幅広甲高の足です。

今までやってきたスポーツで野球のスパイクだったり
スノーボードのブーツだったり、足にフィットするを探すのに苦労してきた
自分で言うのも何ですが・・・やっかいな足です(笑)

足の甲囲いを測ると27cm

ナイキのスニーカーが好きでよく買うんですが
いつも幅と甲の高さに問題を抱え27.5、や28cmを買います。

それらを参考にこのブログは読んで欲しいと思います。

また、2ミリの冬用ソックスも使用していました。
みての通り甲囲いは28.5cm。

バルカンフィンを使用した時の海の状況

4月16日 晴れ水温約16℃ オフショア
波のサイズ 腰腹たまのSET胸ちかく
アウトサイドで割れた波がウネリに戻り
インサイドで再度ブレイクする波。

インサイドのピーク周辺にどん深から急激に浅くなるので
カレントが強く、立てる所では足がとられ立ってられないぐらいの流れ

 

バルカンフィンを素足で履いてテスト

まず最初に、素足で履いてみました。

バルカンフィンV1自体の推進力は、凄く合って左右非対称のボディボードフィンで
よくある足(膝)がねじれるような感覚は全くありません。

バルカンフィン自体のしなりを感じるフィンです。

同じような形をしているマカプーフィンやフリーダムフィン、デルタバイパーに比べたら
しなりをより感じるので柔らかく感じました。

フィン自体の推進力は申し分なく、つま先についている砂抜け、
水抜けの穴も調子よく砂溜まりなどもほとんどありません。

欠点としては、爪先までしっかり入れると、かかとのストラップ部分に指1本分ぐらいの
スペースが空いてしまうこと。つまり、26. 5 cmの足で素足で履くには大きくライディング中脱げる心配がある。


じゃあ素足ならMサイズなら良いかと思ってもちろん履きましたバルカンフィンV2Mサイズ
極度の幅広甲高の私の足ではMサイズを素足で履くときつくて30分が限界。
速攻、清野先生に譲りました(笑)

足が痛くなる場所が写真の指差している部分の筋が痛くて痛くて
そこで今回、M LサイズのV 1を素足で使ってみたのです。

 

バルカンフィンV1を2ミリの冬用ソックスLを履いて

国産メーカーのヒートドライBBソックス2mm Lサイズ。

フィンソックス自体もやはり横幅がきつく、締め付け感があります。
ソックスの裏側の面積を見ると、幅が足りてないような感じもします。

 

実際に2ミリのソックスを履いて使用しました。

2ミリのソックスを履いて使うと、小指の外側の写真でつまんでる部分の筋が痛くて・・・

ここの筋が痛くなると、やはりこれも30分ぐらいが限界。

 

痛い原因を探す

外側の部分が圧迫されて痛い原因は、いろいろ考えてみましたが、3つあると思います。

 

1つ目は、最近の冬用のソックスは、水の浸透性、防水効果がすごく良くなり、
足に水が入ってこない状況になります。
それにより海で使っていると足が真空パックのように、
ソックスがとても足を圧迫してくるように感じられます。

 

実際、海の中でそのような違和感を感じたので冬用ソックスの中に
わざと水を入れて水を入れた状態でフィンを履き使ってみました。


ソックスからの圧迫感が無くなり多少軽減されるんですが、
キックをしているうちに、ソックスの中にたまっていた水は、抜けてしまうので
またしばらくしてくると真空パック状態になり痛く感じます。

2つ目は、フィンのしなる位置が、ちょうど土踏まずのフィンのポケットの部分。
ここを支点にフィンがしなってくるので、外側に小指部分の方が
非対称のフィンは面積が広いので、負荷がかかって外側が痛いのか?

という原因があるんじゃないかと思いましたが
確かにこの原因はあるのかもしれないですがソックスを履かないで。
素足でやっている場合は、そのことをあまり感じないので、原因は違うのかもしれない。

3つ目
そもそも自身の足の幅が甲高幅広で、たった2ミリのソックスだけどフィンを履くと
幅の限界値を超えて合わなくなっている。
素足だとあれだけゆるいのに。幅が合わない状況なのかもしれません。

 

実際2ミリのソックスを履いてつま先は親指部分が写真の通り、
親指の部分が押しても当たらないぐらいの余裕があります。

結論

極度の幅広甲高な足型の人には合わない場合がある。
バルカンフィンの推進力、ソフト感そう言ったものは申し分ないです

平林の足にはMLサイズは、ソックスを履いても素足でもジャストフィットはしませんでした。

 

使用方法としてはMLサイズのフィンを素足で履き、かかとベルト部分に
フィンパッドを装着し甲部分もウエット素材を張り付け
フィンの流れ止めフィンテザースを必ず使う。

 

そもそも難ありの足なのでそれぐらいの工夫をして履きます。

 

そこまでしても、この推進力とソフト感が魅力的なフィンなので使用したいと思えるフィンでした。
テイクオフも速いしゲッティングアウトもスムーズです。

フィン選びの参考になればと思います。

ボディーボード歴20年以上・・・未だに冬用ソックスを履いて
履き心地が最高!ってフィンに出会えない平林でした(涙

バルカンフィンV1とV2の違いについての記事はこちらから

https://pridebb.com/?mode=f6

バルカンフィンの通販はこちらから

https://3kame.net/?mode=cate&cbid=122144&csid=1

この記事を書いた人

平林政夫
大学時代は東海大学海洋学部船舶工学科で
船の設計を勉強。流体力学や材料力学などを学び
ボディボード好きが就職先を変えMスポーツ入社
HELMフィンは平林が開発したボディボードフィン

その後、独立し現在サンタートル経営