スタッフブログ

ボディボードのテイクオフを早くするストリームラインとは

ボディボードのテイクオフについてストリームラインとは

ちょっと訳あって全身筋肉痛の平林です。
西高東低の冬型で週末は波に恵まれましたね。

今日はバタ足におけるストリームラインについて
解説していこうと思います。
ストリームラインとは水泳で一番最初に教える
基本中の基本というものですね!


水の抵抗が出来るだけ少ない流線形の事です。

 

バタ足をするときは水の中をキックしますが、
下の写真の様に水の中に深く沈めて
キックをするのは間違っています。
確かに、水の中に深くキックしていくと
足に掛かる負荷は大きく
足自体はキックした満足感が得られます。

がしかし、キックした満足感がそのまま
推進力に活かせない事が多々あります。

それは推進力を出すためにキックした、
その足自体が水の抵抗になり、
キックしても抵抗を作っているようだと、
とても効率的ではありません。

黄色い部分が推進力の抵抗になっています。

自転車で言えば、
一生懸命ペダルを漕いで前に進もうとしているのに
両手でブレーキを掛けている。

そんな感じです。

一生懸命ペダルを漕いでも
ブレーキを外さない限りなかなか進みません。
効率よくキックし、効率よく進むためには、
水面から少しだけ水の中に入れた部分の所をキックし、
上の写真のような、足が推進力を妨げる抵抗に
ならないように下の写真の様にキックをします。

それに前回のブログであった。足の甲の相当側の側面で
水を捉えるようなキックしていくと、
さらに効果的になります。

 

水泳で一番最初に<けのび>というものをやるのは
まさに水の抵抗を少なくするための一番基礎となる
フォームを教えるためです。


ボディボードのテイクオフを早くするには
このストリームラインができない状況だと難しいです。

 

フィンやボディボードを変えた所で何にも変わりません。
ストリームラインを意識したキックが出来なければ
残念ながらどんなに良い道具を使っても
宝の持ち腐れになるでしょう。

正しいバタ足と基本姿勢が出来ると
見違えるような早い、そして軽やかなテイクオフが
できるようになります。

 

最近お腹が出てきて体が重たいと思っているあなた・・・
耳が痛いかもしれないけど
めっちゃ大切ですよ!

 

次回は、ストリームラインについて
どのようにしたらストリームラインができるか?

具体的な話をしていきたいと思います。

日没後まで海に入っていた定期スクールBチャレ
日曜日メンバー個々の目標に向かって頑張っています!
そんな中、土曜組のメンバーが伊豆のボディボード検定に行き
基礎となる4級を受けて合格したとお店に連絡があって
めっちゃ嬉しかったです!おめでとうございました。

さっさと次のステージに行きましょう笑